Instagramがカタログに?!イケアのソーシャルプロモーション

Instagramがカタログに?!イケアのソーシャルプロモーション


みなさんはインテリアショップ、好きですか?
店内を見て回っていると、「あれもいい!」「これも素敵!」と思わず夢中になってしまう、まるでテーマパークのような場所ですよね。
その代表格がスウェーデンの大手インテリアショップ「IKEA(イケア)」。筆者も初めて行ったときは品揃えの豊富さとセンスの良さに驚愕しました…(笑)

さてそんなイケアですが、とにかく商品が多い!!!見れど回れどとても1日で全てを吟味できる量ではありません。そんなとき役立つのが「商品カタログ」。今回はこのカタログを使ったナイスなプロモーションをご紹介します。

イケアのカタログを作るのはお客さん?!

イケアは紙媒体で商品カタログを発行しています。分厚いカタログには商品がぎっしり。スウェーデンではこれが定期的に会員のポストに届くわけですが、本当はもっと多くの人にこの魅力的な商品たちを見てもらいたい!!でもカタログをたくさん発行すると資源もコストもかさみますよね…。

そこでイケアが行ったのがこれ!「The Social Catalogue(ソーシャルカタログ)」です。

ikea_c_many2

仕組みはとっても単純。カタログを持っている人に自分の気に入った商品をインスタグラムで撮影してもらい、共通のハッシュタグと商品名を付けてウォールに投稿してもらうだけ!これで誰でも見ることの出来るカタログのできあがりです!

ikea_c_shot
ikea_c_tag

「投稿してくれた人に抽選で本物の家具をプレゼント!」と告知したところ、4週間で全ての商品がソーシャルカタログにアップされたそう。なるほど…うまいですね!

コストゼロ!意外となかったソーシャルプロモーション

この仕組みのすごいところは、コストを全くかけずに膨大な人数の人へ膨大な量の情報を提供できるということ。多くの人に見てもらいたいと思ってカタログを増刷したとしても読んでくれない人は多いですし、新たにアプリなどを作って同じ内容を入れ込もうとしたらそれなりにコストがかかります。

このソーシャルカタログなら、新たなアプリも資源の無駄もナシ!しかもお客さんが自主的にカタログを作り上げていってくれる…!何千点もある商品をとっても上手に公開できていますよね。

ikea_c_cost

なんにでも応用できそうなこの手法、今後ますます広がったらおもしろそうです!
ちなみに以前もこちらのサイトで紹介させていただいていますが、イケアのプロモーションやキャンペーンはユニークなものばかり!ぜひチェックしてみてくださいね。

参考URL:http://www.digitalbuzzblog.com/ikea-the-social-catalogue-campaign/