254店舗のアップルストア(米国)でiBeaconを利用したサービスが開始

254店舗のアップルストア(米国)でiBeaconを利用したサービスが開始


iBeaconは、屋内での位置情報を元にアプリケーションを通じてサービスを行う仕組みです。
アップルは、254の店舗で、このサービスを提供することを発表しました。新しいアップルストアアプリのiBeaconsをオンにしてサービスを利用することができます。
店舗周辺に設置された低消費電力のBluetoothを配信するiBeacon端末をは、iOS7と同時に発表されました。アップルは今回初めて、主要な活用方法を自身のアップルストアで展開することとなります。

AP通信によると、約20個のiBeacon送信機がニューヨークなどのアップルストアで設置にされてきた。アプリが受け取る信号の強さの違いから、ユーザーが店内のどこにいるのかを把握できます。

この技術を用いて、ユーザーの位置に基づき、ニーズに合った情報を配信することができます。
例えば、アップルストアでiPhoneのコーナーを通り過ぎると、新しいiPhoneにアップグレードしたいかどうか聞かれて、今使ってる端末を下取りに出すといくらになるか教えてくれるかもしれません。もうちょっと実用的なところでは、商品をオーダーしたあと受け取りに行くとき、ストアの受付の人に近づいていくだけでiPhoneにオーダー番号がポップアップしてくるとかもできそうです。

+ There are no comments

Add yours