ヨーロッパのスポーツチームにてibeaconを利用した新サービス導入事例

ヨーロッパのスポーツチームにてibeaconを利用した新サービス導入事例


日々刻々と進歩しているテクノロジーは数年後どこまで進歩しているのか想像ができないですね。きっと4年後のワールドカップの時には、今とは違う観戦方法が流行しているかもしれません。そこで今回は最新のテクノロジーで今後発展していくかもしれないスポーツ観戦の事例を紹介させていただきます。
今回、紹介するのはヨーロッパのスポーツチーム初!ラグビーRDS競技場でiBeaconを導入事例です。

プッシュ通知でお得な情報が手に入る

ヨーロッパのプロバイダであるXtremePushは、レンスター・ラグビーと協力し、RDS競技場でiBeaconを導入しました。競技場内でiBeaconからの電波を受信することで割引やゲーム内での賞品、座席のアップグレードなどの特典を得ることができます。プッシュ通知はiOSでもAndroidでもどちらでも受信可能になっています。

各国のスポーツ市場でも導入が始まりつつある

ヨーロッパのスポーツ市場では、レンスター・ラグビーがiBeacon技術の最先端に立ったことなります。一方、アメリカではiBeaconがいち早くメジャーリーグで顧客の利便性を高めるサービスとして活用されています。具体的にはスタジアムに近づくと今日の対戦情報がプッシュで送られたり、入場ゲートに近づくとPassbook(クーポンやチケットなどをまとめて管理できるアプリ)で購入したチケットが自動的にiPhoneの画面に表示されたりします。

まとめ

日本のスポーツ市場でiBeacon技術を導入されるのはいつ頃になるのでしょうか?最新のテクノロジーをスポーツ業界に導入することで業界に新しい需要が創造されることは間違いありません!

公式サイトhttp://www.gpsbusinessnews.com/XtremePush-Provides-iBeacon-Tech-to-Dublin-Stadium_a4848.html

このプロモーションの公式サイトへ >>

+ There are no comments

Add yours