ブラジルでVWが雑誌にWi-Fiを使った斬新な広告を掲載

ブラジルでVWが雑誌にWi-Fiを使った斬新な広告を掲載


商品のPR方法として、Webを活用するメリットの一つに高度な技術力、最新のテクノロジーを活用しているイメージをユーザーに与えられることが挙げられます。そのメリットを最大限に活用した企画がありましたので、ご紹介されていただきます。
今回、紹介するのはブラジル|VW作”Wi-Fiのアクセスポイントになる”雑誌広告です。

雑誌を開くとWi-Fiスポットに早変わり

ブラジルで制作された自動車の広告雑誌が従来のイメージに加えて、新しく最新テクノロジーを訴求するためにユニークな機能を雑誌に搭載させました。それは見開きページを開くことでWi-Fiに繋がる機能です。仕組みはシンプルで広告ページを開くことで、Wi-Fiルーターが起動され、スマホでWi-Fi接続画面を開くと”Amarok”という名のスポットを確認できます。この雑誌さえあれば、どこにいてもネットに繋げることができて、とても便利ですね。

最新テクノロジーを訴求することが目的!

もともと自動車「アマロック」はオフロード車として、無骨で、頑丈というイメージが強い車でした。しかし、この「アマロック」にはいくつもの最新のテクノロジーが搭載されており、オフロード車ではあまり重要視されないような”快適さ”や”最新技術”を兼ね備えています。上手く最新のテクノロジーを搭載している自動車「アマロック」というイメージを与えるために今回の広告雑誌にWi-Fi通信を組み合わせる新しいプロモーションとなりました。

まとめ

この企画の趣旨は「アマロック」を見た時に事前と最新テクノロジーを彷彿させるためです。単純に新しい技術を活用して、商品をPRするのでなく、少し具体的な目標を持つことがとても大切ですね!

公式サイトhttp://www.adeevee.com/2014/06/hellmanns-recitweet-recitweet-action-beats-all-records-on-hellmanns-brazil-twitter-page-pr-online/

+ There are no comments

Add yours